【馬名について】 クリノビックリバゴ

馬名についてその他の馬名

今週デビューする馬の名前についてです!

今週は この馬!

クリノビックリバゴ

出走レース:2021年4月3日(土) 阪神3レース

父:バゴ  母:ユウキフジサン

馬主:栗本 博晴氏

クリノビックリバゴ。

なんかすごい名前です(^.^)

ビックリバコじゃなくて、ビックリバゴなのがポイント。

さっそく、馬名意味を見てみましょう!

クリノビックリバゴ

◆馬名意味:冠名+びっくり箱より+父名

聞いてびっくり、ビックリバゴ!

「びっくり箱より+父名」とは、かなりウィットの効いた命名です(^O^)/

びっくり箱の、しくみ

びっくり箱。

開けてびっくり、予想外のものが飛び出してくる!

――といったあたりが、馬名に採用された理由でしょうか。

クリノビックリバゴは、初出走。

既走馬にまじってのデビューなので、人気はなさそう。

でも!

「走ってびっくり、予想外の強さ!」

みたいな衝撃デビューがあるかもしれません。

…たとえ大敗したとしても、きっとびっくり箱のカラクリがうまく作動しなかっただけ。

ゼンマイを巻きなおせば( = 調教を積めば)、バビョーンと飛び出す…かも(*´з`)

旧馬名:クリノ〇〇バゴ

さて、そんなクリノビックリバゴですが。

JRAの競走馬情報をよく見ると、おや。

新たな事実が判明しました。

◆旧馬名: クリノタマテバゴ

との記載があるではないですか!

 ※ポイントはここでも、タマテバコじゃなくてタマテバゴであるところ。

最初 ”クリノタマテバゴ“ で申請したけれど、紆余曲折あって、“クリノビックリバゴ” になったということです。

紆余曲折…。

ちょっと想像してみました。

馬主さんが、秘書に話しかける。

「聞いてくれ!この馬の名前は、クリノタマテバゴだ!」

「え……タマテバゴ、ですか?」

「ん?なんかヘンか?」

「いえ…ヘンじゃない、ですけど…」

「なにか言いたそうだな」

「僭越ながら申し上げます。幻のG1馬クリノガウディーみたいに、「冠名+人名より」がいいのでは」

「なるほど。一理あるな。考えてみよう」

数日後。

「聞いてくれ!クリノタマテバゴはやめて、別の名前にするぞ!」

「そうですか!」

(内心ホッとする秘書)

「それじゃ、新しい名前を発表するぞ!」

「はい、ゼヒ教えてください!」

「新しい名前は…」

◆馬名: クリノビックリバゴ

「どうだ!タマテバゴも気に入っていたんだが、ビックリバゴも良いだろう!」

「……」

「ん?なんかヘンか?」

「いえ…ヘンじゃない、ですけど…」

「まだなにか言いたそうだな」

「……」

――みたいなストーリーがあったのでしょう!!

多分。

――完全に、もう完ッ全に、上記は推測・妄想です。失礼いたしました_(._.)_

がんばれ、クリノタマテバゴ改めクリノビックリバゴ!!

コメント