ジュリオ2勝目! あのG1馬との共通点 多し(^-^)

シルクシルクの馬のこと

ジュリオが2勝目を挙げました!

後続を寄せつけない、鮮やかな勝利。

これで、通算成績は4戦2勝です。

連勝中の勢いそのままに、重賞戦線へ!(^O^)!

これまでのジュリオ

そんな勢いにのっているジュリオですが。

最初の頃は、正直あんまり順調じゃなかった(._.)

デビュー戦は、ブルメンダールにハナ差及ばず2着

「これなら次は確勝だナ」

そう思ってたら。

2戦目。

単勝1.4倍という圧倒的な支持を集めるも、“凡走” と言わざるを得ない4着でした。

キムテツ師はレース後に、

「難しい気性面を考慮してソフトな仕上げにした為、伸びきれなかった」

とコメントしています。

燃える若駒相手の調教。

絶妙なさじ加減を要求されるわけで、難しいと思います。

若い馬の調教(若い人の教育)、ホント大変ですよね。。。

――3戦目。ソフトな仕上げで負けた後なので、今度はしっかり併せ馬を行なってレースへ。

結果は完勝!

そして本日。4戦目も完勝!!

素質馬ジュリオ、完全に軌道に乗りました(^-^)

これからのジュリオ

ところで。

ジュリオは、シルク所属のリオンディーズ産駒。

リオンディーズは、キャロット所属でした。

つまり。

父:キャロット息子:シルク」です。

「なんか このパターン、昨年も見たような…」

そう!

ラウダシオンです(*’▽’)

ラウダシオンは、シルク所属のリアルインパクト産駒。

父リアルインパクトは、キャロット所属でした。

父:キャロット息子:シルク」です。

リアルインパクトの初年度産駒ラウダシオンは、NHKマイルカップを勝ちました。

リオンディーズの初年度産駒ジュリオ…大目標はNHKマイルカップでしょう。

2頭には「新種牡馬初年度産駒」という共通点まである!

ジュリオ。

ピンクカメハメハに続き、父リオンディーズに重賞タイトルを(^O^)/

さよならシーザリオ

――と、若駒の未来について期待をふくらませていたら。

リオンディーズの母シーザリオの、突然の訃報。

角居先生の引退の日に、こんなニュースは聞きたくなかった…(;_;)

コメント