アニメの実写化に対抗する、現実のアニメ化。それは…『ウマ娘』

ぼくじょうマメちしき

最近は、アニメの実写化が多いですね。

映画館では、実写版『約束のネバーランド』が公開中。

テレビでは、水曜日の深夜に実写版『ゆるキャン△』(再放送ですけど)。

実写化にあたっては、賛否両論あって当然だと思います。

「え…このキャラを、この人が演じるの?(”_”)?」

「うひゃー、ドンピシャ!はまり役だワ!(^o^)!」

そういった意見が出るのが当たり前だと思います。

なにせ、二次元を三次元に変換するんですから…。

最近の、実写化

そんな、アニメの実写化が多い昨今ですが。

先日、テレビで「現実の実写化」を見ました。

「は?現実の実写化?何言ってんだオマエ」

『約束のネバーランド』レイが、冷たく言い放ちそう。

「現実の実写化…再現ドラマのこと?」

『ゆるキャン△』リンちゃんが、鋭く指摘しそう。

そう!私が言いたかったのは「再現ドラマ」のことです(^O^)/

あの頃の、高知競馬

先日の、NHK『逆転人生』

高知競馬についてでした。その中のワンシーンから――

赤字続きで廃止寸前だった頃の、高知競馬。

雑賀 正光さいか まさみつ調教師が存続の為に署名を集める姿に、胸が熱くなりました。

――といっても、上記のシーンを雑賀師本人が演じていたわけではない。

今から10年以上も前のことなので、役者さん?が演じていました。

また、赤岡修次騎手も登場しましたが、こちらも本人ではない方が演じていました。

お二人とも、似ていたと思います(*^^)v

本人の役を、違う人が演じる――再現ドラマ。「現実の実写化」と言ってもよいのでは。

番組内で登場したグランシュヴァリエは、やっぱり別の馬が演じていたのかな?

馬を、馬が演じる。

ウマ娘。

馬を、ウマ娘が演じる。

それが『ウマ娘』です。現在、セカンドシーズン放送中のアニメ。

“ウマ娘“ とは、「競馬史に実在する競走馬を、女の子に擬人化(?)したもの」です。

一例を挙げると…

◆ゴールドシップ … 破天荒。銀髪

◆サイレンススズカ … 清楚。栗色の髪

◆トウカイテイオー … 天真爛漫。小柄

こんな感じ。他にもたくさん登場して、超にぎやか。

そして、この『ウマ娘』がもし実写化したら…という話を。(以下は、あくまで「もし」の話です)

ウマ娘、もし実写化したら

そもそも『ウマ娘』というのは、かなり特殊なアニメだと思います。

だって、実在の競走馬を、女の子のキャラにするんですよ?

実在の競走馬がモデルの、女の子のキャラ」を、今度は「実写化」する…もうメチャクチャだわ。

でも、それくらいブッとんでる方が面白いのも確か。

とはいえ、アニメ『ウマ娘』を実写化する際に気を付けたいのは、“視聴する側“ の問題。

考えられる視聴者の主なパターンは、下記3つ。

①競馬もウマ娘も、両方知らない人

②競馬もウマ娘も、両方知っている人

③競馬は知っているが、ウマ娘は知らない人

以下、レビューしていきます。

実写版ウマ娘、見る人の感想は

まず、①競馬もウマ娘も、両方知らない人から。

こういう人が『実写版・ウマ娘』のゴールドシップちゃんを見たらどう思うか。

「へー。かわいいネ」

こんな感じではないでしょうか。特に違和感なく、見ることができそう。

次に、②競馬もウマ娘も、両方知っている人

競走馬のゴールドシップもウマ娘のゴールドシップちゃんも両方知っている上で、実写化された “ウマ娘・ゴールドシップ“ を見た時、どう思うか。

おそらく、頭にあるのは “アニメのゴールドシップちゃん“ のイメージ。

それにどれくらい合致するかどうかで、

「おおっ」

となるか

「うーん…」

と思うか、決まりそう。

最後に。

③競馬は知っているが、ウマ娘は知らない人が、『実写版・ウマ娘』のゴールドシップちゃんを見た場合。

このパターンが、最も拒絶反応を起こしそう。

「はぁ?この女の子が、ゴールドシップだってぇ???」

俺のゴルシを返せ、とゴルシ並みに暴れそうです(^O^)/

――今回は、アニメの実写化から始まり、現実の実写化に触れ、実写化の期待されるアニメについて述べました。

最後に一つ付け加えて、締めくくりたいと思います。

「ウマ娘に、グランシュヴァリエちゃんを是非登場させて!(^o^)!」

コメント