2021年はどんな年に?「井崎の大予言」を予想する

ふじさんマメちしき

2020年12月31日、おおみそか。

あと数時間で、ねずみ年も終わりです。

今年、競馬界で “ねずみっぽい出来事“ は あったっけ…

うーん。1個しか思いつかない。

「ねずみ色の女傑、春秋グランプリ制覇!」

↑宝塚記念と有馬記念を勝ったクロノジェネシスは、ねずみ色っぽい芦毛(^-^)

うし年を大予言

さて、来年は “うし年“ 。

毎年、井崎脩五郎先生は年初に「井崎の大予言」を発表しますが、うし年の2021年はどんな内容になるのでしょう――今から楽しみです。

あまりに楽しみなので、2021年の「井崎の大予言」を予想してしまいました…せんえつながら_(._.)_

…といっても、井崎先生みたいな頭脳もウィットもない人間(私)が考えるには、あまりにも難しいテーマ。

そこで。

「2021年の主役になりそうな馬」の中から、“うしっぽい要素” を持つ馬を 逆にピックアップする

という方法をとりたいと思います(*^^)

うし年の主役-①

まずは、ソダシ

阪神ジュベナイルフィリーズを制した白毛しろげです。

現在4戦4勝。間違いなく、最優秀2歳牝馬に選出されるでしょう。

2021年の顔になり得る逸材です。

しかしながら、ソダシ本人には “うしっぽい要素“ はありません。

注目したいのは、ソダシの母であるブチコ

下記写真のように、非常にめずらしい毛色をしていました。

ブチコ。

牛のような模様のブチコ“を母にもつ、ソダシ。

「うし年の主役」にふさわしいのでは?(^O^)/

うし年の主役-②

いやー、コジツケもいいところ。井崎先生に怒られそう。

「もっと正当派の馬がいるだろ!」

そらみみかな?そんな声が聞こえたような。。。

正当派、ですか。

そのものズバリ「牛」を意味する名前の馬なんていないでしょう…

いや、いた!

ビゾンテノブファロ!!

朝日杯フューチュリティSにも出走した、ビゾンテノブファロ。(結果は15着…)

彼の馬名意味は、

「曲名より(私はバイソンです、バッファローではありません)」

とのこと。

バイソンウシ科の動物です。

「うし年の主役」にふさわしいのでは?(^O^)/

※ちなみに、バッファローも「ウシ族の動物」です。

うし年の主役-③

いっやー、ほんとコジツケもいいところ。井崎先生に怒られます。

「見てられないヨ、もう~…牛だけに」

幻聴かな?そんなギャグが聞こえたような。。。

モウ~。

牛の鳴き声です。

モウ~。

モー。

…!!

井崎 「うし年の2021年は、モウ~リス産駒が大活躍!牛だけに」

細江 「大儲けしてウッシッシですね…ナンチッテ」

――妄想です。こんな陳腐なやりとりが、テレビ上で展開されるわけはありません。多分。

惜しくも、新種牡馬リーディング2位となったモーリス。(←1位はドゥラメンテ)

年明け早々、シンザン記念に有力馬 カスティーリャを送り込みます。

カスティーリャ、勝って うし年の主役に(^.^)!!

コメント