ドウデュースに追い風?今年101回目の凱旋門賞、武豊騎手と共に頂点へ

ドウデュースレースのこと
スポンサーリンク

凱旋門賞の日が いよいよ近づいてきました(^O^)/

いよいよ凱旋門賞!

10/2(日)に行われる、凱旋門賞。

昨年(2021年)は、記念すべき「100回目」でした。

※優勝馬 トルカータータッソ

なので。

今年(2022年)は、第101回 凱旋門賞です(^-^)

※優勝馬 ?????

101回!

改めて見ると、すごい数字です。

第1回目は1920年に行われたわけで…。

このレースをナマで観戦した方がいたら、思い出話を聞いてみたいところ。

「カムラッドは、そりゃぁ強くてナ…」

といった感じでしょうか(*´з`)

日本の競馬で歴史があるのは天皇賞ですが、来月行われる天皇賞(秋)第166回。

1年に2回、に行われるから この数字となるわけで…。

モーリス
天皇賞。

いかに凱旋門賞の101回という数字がスゴイかわかります(‘◇’)ゞ

悲願に挑戦する日本馬4頭

――そんな凱旋門賞。

今年は日本馬が4頭出走します!

◆ステイフーリッシュ

◆タイトルホルダー

◆ドウデュース

◆ディープボンド

アイウエオ順に記載すると、この並びですが。

人気順にすると、下記のようになる…かな?

◆タイトルホルダー 

◆ドウデュース

◆ステイフーリッシュ

◆ディープボンド

日本馬の中で最も人気になるのは、タイトルホルダーと予想。

現在3連勝中だし、勢いそのままに頂点を極めてほしいところ。

ドウデュースは、前哨戦のニエル賞で4着。

ヨーロッパの馬場を経験したことで、さらなる進化を見せてくれるのでは?

ステイフーリッシュは、8月のドーヴィル大賞2着を経て参戦。

海外に強いステイゴールド産駒、アッと言わせるシーンがあっても全く驚けません。

ディープボンドは、昨年も凱旋門賞に挑戦(14着)。

当時はかなりの重馬場だったので、芝の状態次第では上位も期待です。

ドウデュースに追い風?武豊騎手と共に頂点へ

しかし。

日本馬を迎え撃つ欧州勢も、もちろん強敵揃い。

10戦無敗のバーイードこそ回避しましたが、3歳馬ルクセンブルクや昨年の覇者トルカータータッソなど、強者がズラリ。

そんな中、私の本命は…。

ドウデュース!

いわずとしれた、今年のダービー馬。

実力は国内トップクラスです!

ダービー
ダービー。

3歳馬ということで、斤量は56.5kg。

前哨戦を使っての上積みも期待されます!

そして。

武豊騎手は自身のブログにも書いていますが、彼は今年の凱旋門賞が10回目の挑戦。

節目でビシッと決めてくれそうな予感(^^♪

さらに。

ちょっと調べてみたら、天皇賞(春)101回目の勝ち馬はスーパークリーク。

鞍上は武豊騎手でした!

今年の凱旋門賞は101回目だけに、なんだかワクワクしてしまう(^O^)/

武豊騎手のドウデュースが、日本馬の悲願を達成する瞬間を見てみたいものです!

コメント