【ノーザンホースパークマラソン2023】 当日の雰囲気-③ 鶴の湯温泉&ビュッフェ&抽選会

ノーザンホースパークマラソン2023マラソン
スポンサーリンク

ノーザンホースパークマラソン2023。

今回は、マラソンを走り終えた後の話です(^O^)/

鶴の湯温泉でリラックス

私が参加したのは、ハーフマラソン。

11時にスタートし、12時56分頃にゴールしました。

私には、なんとしても13時よりも前にゴールしなければいけない理由がありました。

その理由とは…。

「13時に出発する、鶴の湯温泉行きのシャトルバスに乗りたかったから」

会場では、事前に温泉行きの乗車券を配布していたのですが、私は13時発のものをチョイス。

ゴールするのが13時01分とかだと、バスに間に合いません。

なので、目標タイムに間に合ってヨカッタ(*´з`)

時間ぴったりに、シャトルバスは出発。

だいたい10分で鶴の湯温に到着しました。

鶴の湯温泉

昨年も来ましたが、濃厚な温泉が気持ち良い!

とってもリラックスしました(^^♪

ノーザンホースパーク行きのバスが来るまで時間があるので、温泉の外を散策。

遠くから鳥の鳴き声が聞こえ、池では大きな鯉が泳いでいます。

のどかな風景にホッコリ。

そういえば。

アヒルは元気かな?

アヒル

アヒル、ひなたぼっこしていました。

昨年は2羽いた記憶がありますが、今年は1羽しか見当たらなかった。

「ちょっとお散歩中」とかなら、よいのだけれど(‘_’)

ビュッフェでガーン

14時10分のバスで、会場に戻ります。

「は、はらへった…」

まずはビュッフェに直行(‘ω’)ノ

この時間になっても、ご飯を食べている人はたくさんいます。

カレーやジンギスカンのコーナーは長い行列。

あまり並ばなくてよさそうな、骨付きフランクフルトの所へ行きました。

そして。

骨付き肉をかじりながら、ラーメンの列に並びます。

行儀が悪いけれど、空腹なので仕方ない。←言い訳

ラーメンをゲットし、空いている席に座って麺をすすります。

うまい!温かいスープが染みる(*’▽’)

「さーて、お次はカレー!あるいはジンギスカン!」

と意気込んで料理コーナーへ向かったところ…。

アレ?

さっきまでの行列がウソのようにすいている。

時刻は14時30分過ぎ。

「さすがにみんなお腹いっぱいになったんだナ」

とか思うも、なんだか様子がおかしい。

「!!!」

なんと!カレーもジンギスカンも「完売しました」とのこと。

ガーン…これはショック(;_:)

仕方ないので、デザート(エクレア)をもらいに行きました。

これはリストバンドに付属の引換券と交換なので、必ずもらえるのです。

エクレア美味かったぁ。

…けど。

フランクフルトとラーメンとエクレアじゃぁ、お腹がふくれないヨ(-_-メ)

※後日。

公式サイトで、「ブッフェの完売について」というお詫びの記事が出ていました。

「次回大会での提供方法について再検討する」とのこと。

ゼヒお願いします_(._.)_

チャリティオークションで大盛り上がり

――そんなこんなしている間に。

会場のステージでは、中尾さん司会によるチャリティオークションが行われていました。

様々な品が登場しましたが。

注目は、2019年の桜花賞を勝ったグランアレグリアの優勝馬着。

これは貴重!

グランアレグリア馬着

一体いくらになるのか検討もつかなかったけれど。

激しい応酬の末、17万円で落札されました。

落札した方は、嬉しそうにステージ上へ。

そしてそのまま馬着にくるまれるというシーンもあって、会場は大盛り上がりでした(^.^)

チャリティオークションの後は、お待ちかねの大抽選会!

こちらもいろいろな品が当たるのですが。

札幌30kmマラソンを当てたのは、ペアランを走った男の子でした。

「2.5kmを走って、30kmのマラソンを当てるとは…」

2,500万円の馬が3億円稼ぐようなものですね(違うか)。

そして。

誰もが注目する、一口馬主権は…。

「今年こそ当たってほしい!」

そんな願いもむなしく、今年もハズレ(´ー`)

来年も楽しみ

――最後に。

恒例となっている、「勝己さんとのジャンケン」の写真を ↓

勝己さんとジャンケン

このジャンケンで勝ち抜くと、一口馬主権がもらえるのです!

…私は1発目のジャンケンで負けたので、さっさと退場しました(^-^;

いやー、今年も面白かった!

来年はビュッフェも改善されるだろうし、今年以上の大会になるのは間違いないでしょう。

一口馬主権も増やしてくれないかな~…ナンチッテ(*’▽’)

※関連記事:【ノーザンホースパークマラソン2023】当日の雰囲気-① マラソンを走る前に場内散策

※関連記事:【ノーザンホースパークマラソン2023】 当日の雰囲気-② ハーフマラソンのレポート

コメント