ソダシ、チャンピオンズカップ出走! 流行語「二刀流」から、さらなる穴馬を探す

ソダシのカードレースのこと
スポンサーリンク

ソダシチャンピオンズカップに出走します!

桜花賞馬の、ダート挑戦

桜花賞馬がチャンピオンズカップに出走する…過去にそんなケースはありません。

1997年の桜花賞馬キョウエイマーチは、古馬になってからダート戦にも出ていましたが、主戦場は芝でした。

2015年の桜花賞馬レッツゴードンキも、古馬になってからダート戦にも出ていましたが、主戦場はやっぱり芝でした。

桜花賞馬がダートG1に挑戦する…。

なんかドキドキします(^-^)

――これは個人的なイメージですが。

桜花賞を勝つためには、「スピードと才能」が絶対条件だと思います。

一方。

チャンピオンズカップのようなダートG1を勝つために必要なのは…。

「スタミナと努力」

ではないでしょうか。

そりゃダートG1だって当然、スピードや才能も必要です。

でも。

砂の頂上決戦に要求される能力は、桜花賞とはだいぶ(かなり)異なるはず。

歴代の桜花賞優勝馬を見ると、なんかキラキラした印象を受けます。

かたや歴代のチャンピオンズカップ(及び JCダート)優勝馬を見ると――。

ホッコータルマエクリソベリルなどの最強馬も名を連ねますが、個性派も多い。

ニホンピロアワーズサウンドトゥルーベルシャザールなど…。

ニホンピロは重賞初制覇が4歳後半だし、サウンドやベルシャにいたっては5歳後半。

何度壁にぶちあたっても、あきらめずに戦う――。

スタミナと努力を武器に、G1制覇を目指して砂まみれで走る――。

そんな姿に勇気づけられたファンも多いはずです。

「ダートG1って、そういうものだよナ」というイメージがありました。

が。

そんな固定観念を真っ白に塗り替えるのが…。

そう!ソダシです(^O^)/

ソダシ、二刀流

天才白毛少女、ソダシの挑戦。

ソダシのカード
ソダシ。

ダート戦は初めてですが、父クロフネ・母ブチコという血統だし、適性はバツグンにありそう。

2021年の流行語大賞も「リアル二刀流 / ショータイム」に決まり、これもソダシ人気を後押ししそうな予感。

芝でもダートでもG1勝利! まさに二刀流!(^O^)/

ソダシが勝つと競馬場は大盛り上がり! まさにショータイム!(≧▽≦)

…みたいなことは、終わった後に井崎センセイにおっしゃって頂くとして(‘◇’)ゞ

ソダシは絶好の1枠1番からスタート。

先行力があるし、洋芝の札幌でラヴズオンリーユーを下しているし、1番人気にこたえて堂々と凱旋してくれそう。

流行語をヒネって遊ぶ

いやー、楽しみです!

馬券は “二刀流” ソダシから買うとして、相手を誰にするか。

二刀流…。

にとう…。

…!

二頭にとう出し!!

ソダシの須貝厩舎は、チャンピオンズカップにもう1頭出走させています。

スワーヴアラミス。

ピチピチの3歳牝馬ソダシに対し、スワーヴはバリバリの6歳牡馬。

真っ白なソダシに対し、スワーヴはごく普通の鹿毛。

対照的な2頭です。

「二頭出しは人気薄を狙え」という格言もありますが、スワーヴはまるで人気がなさそう。

ワイド買おうっと(^-^)

コメント