ステラヴェローチェ、神戸新聞杯優勝! 来年こそ、凱旋門賞に挑戦してほしい。

ぼくじょうレースのこと
スポンサーリンク

ステラヴェローチェが神戸新聞杯を制しました!

ステラヴェローチェの神戸新聞杯

雨の降りしきる中京で行われた、今年の神戸新聞杯。

1番人気のディープ産駒シャフリヤールは、不良馬場に苦しんで4着でした。

勝ったステラヴェローチェは、2番人気。

こちらの父は、馬場不問のバゴ

じつに豪快な差し切り勝ちでした(^-^)

バゴは、2004年の凱旋門賞の勝ち馬。

その子供であるステラヴェローチェも、今年の凱旋門賞に登録をしていました。

が。

「国内に専念する」ということでフランスには向かわず、秋初戦の神戸新聞杯を快勝したわけです。

悪化した馬場をものともせずに突き抜けた、今日のレースを見ると。

「凱旋門賞でも勝ち負けになったんじゃないかナ?」

と思わずにはいられない。

それくらい、インパクトのある勝ち方でした!

来年こそ、挑戦してもらいたいものです。

ステラヴェローチェと凱旋門賞

来年。

2022年の凱旋門賞は、第101回。

もしステラヴェローチェが出走し、見事に1着でゴールしたら。

父バゴとの親子制覇!

母父ディープインパクトの悲願達成!

ドラマチックな勝利になることは間違いありません!

そして。

母オーマイベイビー出資者の悲願達成!

…。

……。

これは、違うかナ。

ステラヴェローチェのことを取り上げる時は、毎回オーマイベイビーについて触れているような気がする(^-^;

  ※関連記事:オーマイベイビー産駒、クレイドル新馬勝ち!弟はセレクトセールへ…

オーマイベイビーは、キャロット所属。

ディープ産駒なのにダートばかり使って、未勝利引退。

引退後は繁殖牝馬になるも、子供(牡馬)はキャロットでは募集されずセレクトセールへ…。

そして。

今日、ステラヴェローチェがダービー馬を倒した――というわけです(._.)

クロノジェネシスと凱旋門賞

来年行われる、第101回 凱旋門賞の話をしましたが。

ちょっと気が早かった。

まずは、いよいよ来週に迫った第100回 凱旋門賞の話をするのが筋ですね。

ステラヴェローチェと同じ、バゴ産駒のクロノジェネシス。

こちらも馬場不問の絶対的能力を誇るだけに、チャンス充分なのでは?と期待が高まります。

もし、クロノジェネシスが見事に1着でゴールしたら。

父バゴとの親子制覇!

日本馬の悲願達成!

超ドラマチックな勝利になることは間違いありません!!

そして。

母クロノロジスト出資者の悲願達成!

…。

……。

これも、やっぱり違うかナ(‘◇’)ゞ

クロノロジストは、キャロット所属…。

…。

なんかもう、ここまでくると。

思い浮かぶ言葉は1つしかありません。

それは――。

父バゴ母キャロは、すごい!!( ゚Д゚)

コメント