【馬名について】 ラヴィズポイズン

馬名についてその他の馬名

今週ピックアップする新馬はこちら!

2021年 2月7日(日曜日) 東京6レース

ラヴィズポイズン

父:ジャスタウェイ  母:テスティコ

性別:牝

馬主:牧埜 幸一氏

ラヴィズポイズン

ラヴィズポイズン。

真っ先に思い浮かんだのは、布袋寅泰のヒット曲『Poison』です。

“Love! Love! Love! Love is a poison”

という歌詞で始まる、この歌。

ラヴ イズ ア ポイズン。

直訳すると「恋は毒薬」。

きっとラヴィズポイズンの馬主さんは、布袋ファンに違いない!親近感わくナー!

――と、布袋ファンの私は 勝手にそう思いました。

けど。

馬名意味は、全然違ってた(‘◇’)ゞ

ポイズンの使い方

ラヴィズポイズン。

その馬名意味は…

人生(仏)+毒薬。人生の毒薬

とのこと。

(アルファベット表記は “La Vies Poison“)

人生の毒薬――

どういうことでしょう?

「人生楽ありゃ苦もあるさとは水戸黄門の歌ですが。

「人生楽ありゃ毒もあるさてこと(;´д`)?

――歌。

もしかして「人生の毒薬」という歌があるのかも、と思ってgoogle検索してみました。が。

そんな歌もなさそう…。

毒を秘めた人生

でも、「人生の毒薬」で検索した甲斐はありました。

岡本太郎著 『自分の中に毒を持て』という書籍が、検索結果で出たのです。

私はこの本は読んでいません。

でも、別の本で読んだ印象に残る彼の言葉があります。

たしかこんな感じの…。

“簡単な道と困難な道があったら、困難な方を選べ”

とにかく、「日和見ひよりみ主義」や「空気を読む」みたいな連中とは 真逆の生き方をした岡本太郎。

挑戦し続ける生き方を貫いた人です。

困難な道を自ら選ぶ―。

なかなか難しい。でも。

「勝って当然の弱い者いじめ」よりも、「強い相手を求めて高いステージで戦う」方がカッコいい。

「的中して当然の低配当の馬券」よりも、「当たる確率は低いけど高配当の馬券」の方が夢がある。

たぶん、岡本太郎の言う「毒」は、「反逆精神」のことかと思います。

“今の自分に満足せず、挑戦し続けろ“

そんなメッセージかと思います…たぶん。

――Amzaonで本を注文しようっと(^-^)

「人生」+「??」

さて、ラヴィズポイズン。

人生の毒薬。

この馬名も、「平凡な日常からの脱却」「現状を打開せよ」みたいな意味があるのかナー、と勝手に推測させて頂きました。

――けど。

ラヴィズポイズンの馬主さん(牧埜 幸一氏)は、ラヴィズミニオンという馬も所有。

こちらの馬名意味は「人生+かわいい」

人生+かわいい…。

…。

「人生+かわいい」の ラヴィズミニオン。

「人生+毒薬」の ラヴィズポイズン。

“対比“としての命名、かな?と思ってしまう(*´ω`)

コメント