【馬名について】 アスクキングコング

馬名についてその他の馬名

今週ピックアップする新馬はこちら!

2021年 1月31日(日曜) 小倉5レース

アスクキングコング

性別:牡

父:ロードカナロア  母:ウィケットキーパー

馬主:廣崎利洋HD(株)

アスクキングコング。

馬名意味、改めてJRAのホームページで確認するまでもなさそう。

まず、“アスク“ は冠名でしょ。

“キングコング“ は、あのキングコングでしょ。ビルのてっぺんで咆哮するやつ。

馬名意味は、「最強の巨獣をイメージしての命名」とか、かな。

――と思ったら。

ぜんぜん違ってた(*´з`)

アスクキングコングの、馬名意味

アスクキングコング。

馬名意味を見てみると――

馬名意味:冠名+王+王(デンマーク語)

なんと、そうきたか。

わたちはにぽん語と同じくらいデンマーク語が得意ですが(嘘)、「コング」が「王」とは…。

整理すると。

“アスク“ は冠名。

“キング” は「王」。

“コング” も「王」。 ←デンマーク語

なるほど、アルファベット表記は

Ask King Konge

となっている。

美女を手に大暴れするコングは、「Kong」ですもんね。

たった一文字、「e」があるかないかで全く違う意味になる。

E-girls」に「E」がないと、ただの「girls」になっちゃう…ガールズ(*’▽’)

王+王=???

しかし、「王+王」って…どういう意図なのでしょう。

種牡馬キングオブキングズ(King of Kings)は、王の中の王。これはわかる。

一方、「王+王」とは??

ここはひとつ、数学的に考えてみましょう。

aaの足し算は、次のようになります。

a+ a = 2a

これを「王+王」に適用すると、

王 + 王 = 2王

となります。

2王。

におう。

――仁王?

「仁王様のように強くなることを願って」

…まぁ、本来の命名意図とは違うでしょうね(‘_’)

「王+王」の真実は…

本来の命名意図。

それは、アスクキングコングがG1を勝てば明かされるでしょう。メディアの取材などによって。

大舞台で活躍できるよう、がんばってほしい(^O^)/

――ところで。

15年くらい前、ビッグコングという馬が走っていました。

今回、アスクキングコングの馬名を調べる中で「コング」が「王」だと初めて知り、

「もしかしてビッグコングも、“冠名+王“ だったのかな?」

と気になってしまった。

もしそうなら、

ビッグ → 大

コング → 王

ビッグコング → 大王

となるから。大王。

で、ビッグコングの馬名意味を調べてみました。

したら。

「冠名+キングコングより」

とのこと。

ビルのてっぺんでガールを手に咆哮する、スタンダードなコングでした(^-^)

コメント