ブルメンダールVSジュリオ

リオンディーズレースのこと

9/21(月)中山5レース、メイクデビュー。

ブルメンダールジュリオが対決しました。

この2頭、いろんな意味でライバルっぽい。

ブルメンダール:父モーリス。鞍上はリーディング2位の川田騎手。オーナーはキャロット

ジュリオ:父リオンディーズ。鞍上はリーディング1位のルメール騎手。オーナーはシルク

まず、父。モーリスもリオンディーズも、今年の新種牡馬です。

次に、鞍上。リーディングトップの争いです。

そしてオーナー。何かと比較されることの多い、キャロットシルクです。

1番人気はブルメンダール。最終的には2.1倍でしたが、1倍台の時間帯もあったようで、国枝調教師は「マズイな…大丈夫か」と心配していたとレース後に明かしています。

ジュリオは2番人気。馬体にちょっと余裕のある感じがオッズに影響したのでしょうか。

レースはスロー。先行抜け出しをはかるブルメンダールに、外からジュリオが強襲する。結果は。

1着ブルメンダール。ハナ差の2着にジュリオ

シルクの勝負服をまとったリオンディーズ産駒ジュリオ…次にブルメンダールと戦うのは、果たしてG1の大舞台でしょうか。

昨年は「サリオスVSアブソルティスモ」というシルク×キャロット対決が2回あり、シルクに軍配が上がりましたが、今年はどうなるかな。

ところで、もしこのレースが無観客競馬じゃなかったら。

2頭が同時にゴールに飛び込んだので、「うちのが勝っただろう」「やや劣勢だが、一応行くか」と口取り集合場所がシルク会員&キャロット会員で密になることが予想されます。

写真判定の結果が出て、「ヨッシャー!」と叫ぶキャロット会員。無言で立ち去るシルク会員…

白熱のレース、ファンの悲喜こもごも…そういうの全部ふくめて、あー!早く競馬場に行きたい(#^.^#)

コメント