2020キャロットクラブ1歳馬募集、今年限定の良い話

キャロットクラブキャロット募集馬の検討

今年のキャロットクラブ1歳募集馬は、全部で91頭。(←1頭募集取り下げ後の数字です)

うちわけは、中央入厩予定馬86頭と、地方入厩予定馬5頭。

口数を計算してみると、「86×400=34400」と「5×100=500」を足して、34900口になります。

現在会員さんが何人いるか不明ですが、この34900口を巡ってドラフトを繰り広げるわけですね。

さて、多いようで少ない「34900」という数字。

きっと、第1次募集及び1.5次募集でほとんどの馬が満口になるのでしょう。

34900口じゃぁ足りないヨ…と思う方もいるかもしれません。

そんなあなたに朗報!

今年の募集では、過去数年と比べてほんのすこ~しだけ、口数に「ゆとり」があるのです。

今年はコロナ禍により、ノーザンマラソンが中止となってしまいましたね。

てことは。

ノーザンマラソンでは毎年、マラソン総合優勝者へはもちろん、前夜祭やマラソン後の抽選会にてキャロット(又はシルク)の一口出資権がプレゼントされていますが、今年はそれがない!

上記プレゼントが大体10口。 (※シルクも含めるとトータルで20口くらいかな)

34900口のうち、10口が宙に浮いているわけです。率にして、約「0.00028%」。

つまり、例年よりも0.00028%だけ戦いやすいということです!

…コロナがなければ、今年のノーザンマラソンは記念すべき「第10回」大会としてプレミアムに開催されるはずでした。

私も2018年は7kmトレイルラン、2019年はハーフマラソンを完走しており、今年もエントリーしていたので本当に残念。

2021年に「第10回大会」として開催予定とのことですが、無事に開催されてほしいものです(‘_’)

2020 9/8 ノーザンのーと

コメント