【シルク】新しい代表、米本 晃子氏。プロフィールが明らかに!

シルクロゴマークステッカーシルクの馬のこと
スポンサーリンク

シルクの代表取締役社長、米本 晃子氏のプロフィールが明らかになりました(^O^)/

米本 晃子氏とは?

2021年12月、シルク・ホースクラブの代表取締役社長に就任した米本氏。

「いったいどんな人なんだろう?」

と気になっていたのは、私だけではないはず。

「シルクの顔」と言うべき阿部社長から代表職を引き継ぐ…かなりのプレッシャーです。

当然、相当の器の方がその座におさまると予想されました。

が。

正直、女性が新しい社長になるとは思わなかった(‘◇’)ゞ

米本 晃子氏とは何者なのか…。

シルク会報誌『SILHOUETTE』1月号にて、明らかになりました!

あの人の ご息女でしたか!

今月号の特集は、“新春スペシャルインタビュー”。

3人のエライ人がメッセージを届けてくれます。

おなじみの松本 康宏氏(NFしがらき場長)木實谷 雄太氏(NF天栄場長)に先んじて、シルク・ホースクラブの代表取締役社長・米本 晃子氏が登場。

レディーファーストの精神なのでしょうネ(*’▽’)

――さて。

インタビューにより、米本氏のことがいろいろわかりました。

まず、最も「ナルホド!」と思ったポイントがこちら。

◆父親は、ノーザンファームの吉田 勝己代表

米本 晃子氏。

なんと、勝己さんの娘さんでしたか!(@_@)

先ほど、「阿部チャンから社長の座を引き継ぐのだから、相当の器の方に違いない!」と書きましたが。

疑いの余地なく、“相当の器の方” です。

シルクの いち会員として、なんか安心しました。

確かに、会報誌の写真を見ると。

勝己氏のおもかげがあります(^-^)

勝己氏はとても身長の高い方ですが、米本氏はごく普通の身長のようです。

でも、父親同様にオーラはありそう。

阿部チャンとは、気さくにおしゃべりさせて頂いたことがありますが。

米本氏は、赤坂のラウンジや競馬場でお見かけした際、気軽に声をかけてよいものでしょうか…。

悩む(^-^;

馬術の知識を競馬にも

他にも、様々なことがわかりました。

◆生年月日:1977年7月11日

◆趣味:トレーニング・乗馬

1977年生まれ、ということは…。

宮下瞳騎手や、和田竜二騎手柴田大知騎手らと同級生。

趣味「乗馬」とありますが、馬術の現役選手でもあるとのこと。

そのことをクラブ運営にも活かすことができないか、と考えているそうです。

より現場の声を届けたい、との熱意がインタビューから伝わってきました。

シルク、出資システムも変わる…かも?

そして。

シルク会員にとっては朗報となるような言葉も!

会員の皆様にとって、なるべく希望の馬へのご出資が叶うよう、クラブの既存制度の見直しも考えております。

既存制度の見直し!

“実績制“ のことかな。

さすがにこれをいきなり廃止するのは無理だろうから、500口のうち実績制の占める割合を変える…とかでしょうか。

あるいは。

“抽優馬“ のことかな。

キャロットの最優先同様、前年の × を次の年に生かすことができるようにする…とかでしょうか。

もしくは。

口数をもっと増やす、とか?

そうすれば、出資は当然しやすくなります。

今後、シルクがどんなクラブになっていくのか――。

米本 晃子・新社長の描くビジョンに期待です(^O^)/

コメント