2022年、ターフに別れを告げる調教師…浅見先生の顔写真がないのはナゼ?

夕焼け騎手・調教師
スポンサーリンク

ほんじつ。

JRAのサイトに、「2022年ターフに別れを告げる引退調教師」のページがアップされました。

浅見調教師の顔写真…

2022年2月28日(月曜)をもって引退となる調教師の先生は、7名。

◆浅見 秀一 調教師

◆古賀 史生 調教師

◆高橋 祥泰 調教師

◆田中 清隆 調教師

◆柄崎 孝 調教師

◆藤沢 和雄 調教師

◆堀井 雅広 調教師

上記の順番は、G1勝ち鞍の多い順…ではなく。

あいうえお順での掲載ですね。

JRAのページでは、顔写真プロフィールも併せて紹介されています。

…でも。

浅見 秀一先生だけ、ナゼか顔写真がありません。

他の6名の先生方は、顔写真が載っているのに…。

ちょっと気になって、Wikipediaで「浅見秀一」先生のことを調べてみました。

すると――

理由は不明であるが、JRAホームページのデータベース内の調教師で唯一、顔写真が掲載されていない人物である。

――とあります。

「唯一、顔写真が掲載されていない人物」って…。

なんでなのかは、Wikipediaも把握していない…。

レインボーラインでの天皇賞(春)勝利もあるのに、どうしてなのでしょう?

何か理由があってのことだと思いますが、今月で引退されてしまうし、その理由を知る機会は今後訪れるかどうか…。

JRAの調教師名鑑に浅見先生の顔写真が ないのは、数年前から知っていました。

「いずれ更新されて、掲載されるんだろうナ」

とか思っていましたが、結局引退するまで顔写真なし…という(^-^;

JRA職員 「浅見先生、顔写真まだ頂いていないんですけど…」

浅見先生 「申し訳ない!さすがに、引退するまでには提出するヨ(笑)」

みたいなやりとりがあった…のでしょうか?

※完全に推測ですのでご了承ください。

とにかく!

浅見先生、今までお疲れ様でした_(._.)_

浅見先生の管理馬では、ソングオブウインドが記憶に残っています。

エルコンドルパサー産駒で菊花賞を勝った、ソングオブウインド。

あの切れ味は鳥肌モノでした(^O^)/

高橋調教師のサウスヴィグラス

――話は変わりまして。

本日東京の新馬戦でデビューした、ギンザデノムオトコ。

馬名意味は、「銀座で飲む男」とのこと。

馬主は、小田切 光氏です。

ギンザデノムオトコは後方からの競馬で13着と敗れてしまいましたが、本馬を管理するのが高橋 祥泰 調教師。

2021年の東京新聞杯を勝ったカラテも、小田切氏と高橋先生のタッグです。

高橋先生も今月末で引退…。

カラテやギンザの転厩先が気になります。

気になるといえば。

高橋先生の管理馬に、「早期特例登録馬」として2歳牝馬が1頭おりますが。

彼女もどうなるのか、気になります。

2歳牝馬、アンミティゲイテド。

高橋厩舎に一度も入厩することもなく、転厩していく…。

なんだか切ない気が(^-^;

とにかく!

高橋先生、今までお疲れ様でした_(._.)_

高橋先生の管理馬では、サウスヴィグラスが記憶に残っています。

失礼ながら、「こんな太い馬体で走るんだ?!」と衝撃を受けた事が何度かありました。

彼の産駒には、フェブラリーS2着のテイエムサウスダンをはじめ、活躍馬多数。

ダート界のトップ種牡馬になるなんて、現役時にはちょっと想像もしていませんでした(‘◇’)ゞ

最後はビシッと

藤沢先生の引退については、また別の機会に書きたいと思います。

いま何か書こうとすると、どうしてもルナシオンについてのグチ…じゃなくて思い出話になってしまいそうなので(-_-;)

それに。

まだ来週の競馬がありますし。

2月26日(土曜日)と、2月27日(日曜日)の2日間。

「最後はビシッと決めます!」

というのは、藤沢先生の言葉ですが。

引退される他の6名の先生方も、同じような気持ちなのではないでしょうか。

「テキ(調教師)の引退に、勝利の花束を贈りたい!」

と厩舎スタッフが思うのも、無理のない話。

毎年のように、引退調教師の馬が勝ち星を挙げている…気がします。

厩舎スタッフだけじゃなく…。

ジョッキーだって、先生の喜ぶ姿を見たい!

競馬ファンだって、先生の喜ぶ姿を見たい!

来週、良いお天気で競馬ができますように(^O^)/

コメント