ギャンブル依存症について

レースマメちしき

JRAのホームページには、ギャンブル依存症についてのページがあります。

トップページの「JRAのギャンブル等依存症対策」をクリックすると、相談先とかギャンブル障害の解説等が載っています。

「ギャンブル障害の解説」をクリックすると、「ギャンブル障害とは?」という解説が展開されます。

障害ギャンブラー、という聞き慣れない言葉も出てきて、ちょっと難しい感じ。

障害ジャンパー、だったら、踏み切ってジャンプする馬だとすぐわかるんですけども。

一番下に「ギャンブル障害について」リーフレットダウンロード(PDF)というのがあり、これならわかりやすいかも、とクリックしてみました。

すると、カラーで絵のあるページが展開。

「競馬をお楽しみいただくに際して ~ギャンブル障害について~」

そして字がたくさん…。

…下方へスクロールしますと、「JRAの取組み」として、青年と女性と馬のイラストがあります。

青年は右手で「円マーク」をつくり、女性は左手で馬の鼻を指さしています。

青年「この馬、安く買えたぜ。俺の馬だ」

女性「なに言ってるの。あたしの馬よ」

という会話をしているのでしょうか。二人ともつぶらな瞳で、口は笑っている。

馬はというと、こちらもつぶらな瞳。ツナギはムチャクチャまっすぐです。

イラストはそんな感じ。文章はというと、JRAの取組みについて書かれています。

その中に「オッ」と思う表現があったので、一部抜粋させて頂きます。

「勝馬投票券をご購入するにあたっては、勝馬投票券ばかりにのめり込みすぎず、「心の手綱」をしっかりと締め、ほどよく楽しんでいただくことが大切だと考えております」

心の手綱。

うまいこと言うなァ、と思いました。

心のアブミじゃ変だし、心のハミも変。心の腹オビなんて言ったらもう意味不明だし。

「心の手綱」をしっかりと締め、か…。

でも。

ギャンブル依存症の方は、心の手綱をしっかりと締めることができていないということです。

心の手綱がプーラプラか、握りすぎて馬が苦しみ猛然と走っているか、あるいは手綱そのものが切れているのかもしれません。

皆さんの心の手綱は、どんな感じでしょうか。

私の心の腹オビは、きつく締まっております(-ω-)/

コメント