【馬名について】祝・初仔誕生! アーモンドアイの22

馬名についてシルクの馬名
スポンサーリンク

アーモンドアイが牡馬を出産しました!

アーモンドアイの22、誕生!

彼が生まれたのは、1月13日の未明。

母子ともに無事で健康とのことです。

本当にヨカッタ(^-^)

――さて。

さきほど「彼」という呼び方をしましたが、名前が決まるまでは「アーモンドアイの22」と呼ばれることになるのでしょう。

アーモンドアイの22!

“新世代” という感じです(^O^)/

また。

彼の父はエピファネイアなので、「11冠ベビー」と呼ばれることもあるでしょう。

11冠ベビー!

そのうち9冠は母の功績なので、父はちょっぴり肩身が狭い…なんてことは、ナイ(‘◇’)ゞ

 ※G1勝利数:父エピファネイア → 2勝。母アーモンドアイ → 9勝。

ニックネームは何になるかな?

アーモンドアイの22。

11冠ベビー。

いずれも、彼の呼び名として今後も目にすることと思います。

でも。

モーリスとシーザリオの息子・ルペルカーリア“モーザリオ” と呼ばれていたみたいに。

「エピファネイアとアーモンドアイの息子にも、素敵なニックネームがあったらいいナ!」

…とか思っています。(馬名が決まるまでは)

ニックネーム。

聞いただけで「あの子のことね!」とすぐわかる、そんな素晴らしい呼び名は…簡単には思いつかない。

つくづく “モーザリオ” は優れた(?)二つ名ふたつなだと思います(^-^;

アーモンドアイの初仔に、はたしてニックネームはつくのでしょうか?

父エピファネイア、母アーモンドアイだから――

“エピファモンド”

“アーモンドネイア”

――いやー、なんか しっくりこない(;_:)

馬名は2024年に決まります

まぁ、でも!

誰かが何かの拍子に、良いニックネームを考えてくれるかもしれません。

なにせ、あの!アーモンドアイの初仔だもの…Yahooニュースにもトピックが載ったほどです。

これだけ注目される競走馬もなかなかいないし、ふとしたきっかけで呼び名が定着する可能性もあるのでは。。。

――というか!

アーモンドアイ出資者の方々は、ニックネームなんかじゃなくて「馬名」を既に考えていることでしょう!

私は出資者じゃないので、せめてニックネームを考えさせて頂きます_(._.)_

えーと…。

アーモンド一郎いちろう

アーモン

エピモン

――いやー、全然!まったく!しっくりこない(´ー`)

コメント